【半側発汗って?】汗をコントロールして、メイク崩れ無しの夏に! 

 

梅雨が明けたら本格的な夏到来!

日本の夏はカラッとしている海外の夏と違って高温多湿でジメジメとしていて快適に過ごすには厳しい環境ですよね。みなさん、日本の夏は好きですか?

 

今日は、そんな日本の夏に必ず全員行っている行為について記事を書いていこうと思いまーす。

 

今日のテーマ
『汗』

 

じつは私は、子供のころからすっごい汗っかきでして・・。かいてもかいても止まらなかったんですよね。
もともと体育会系というか、小学校のころからバスケをやっていたので、周りから見たら活発なボーイッシュな女子と思われていたから、まだそこまで目立つ存在ではなかったけれど、汗の量がはんぱなかったんですよね。
でも汗って、運動をしたときにいろんなところからかいたり、運動しなくても、高温多湿の環境に適応するために身体が反応して大量に汗をかくこともありますよね。

 

今日は、私が発見した上半身からの汗を抑制した話です。

 

この記事は、上半身の汗に悩む方が、この夏を乗り切るための一つのアイデアとして使ってもらうことを目的として書いてみました。参考になれるよう頑張ります。
上半身の汗といえば、ワキからの汗が代表的ですが、ワキ以外にも、頭からの汗、首からの汗、胸からの汗、手から出る汗など、あらゆる場所から噴出するかたにぜひとも見てほしいです。

 

 

 

汗の役割ってなに?今一度リマインド

汗の基礎講座を学びたい方はぜひこちらをチェック!!
■多汗症改善マニュアル
 ※ちょうどいま、キャンペーン中でしたね。

 

じゃあ、どうして汗をかいて体温が下がるの?

私たち人間が汗をかくことにより肌の表面ではこんなことが起きているのです。まず体内に溜めていた水分を汗腺を通じて外に排出します。このことを「発汗」といい出てきた汗が蒸発する際に気化熱で皮膚表面の温度を下げてくれて私達の体温は平均体温を保てています。人間が体温を調節する為のとても大切な働きと言えるでしょう。

 

ですので汗は汗腺があるところであれば全身どこからでも汗が流れ出てきます。その中でも1番汗をかいてしますのが「額」だと言われています。

 

 

なぜ額からたくさん汗をかくのか?

それは人間の身体の部位で1番大切な司令塔である「脳」を熱から守っているからです。「脳」という部分はとてもデリケートで非常に熱に弱く常に一定の温度を保っていないといけません。
身体に「汗をかけ」と指示するのも「脳」が電気信号を出して指示をしている為、「脳」が1番初めにダメージを負ってしまうと汗がかけなくなり、人間の身体は体温調節ができなくなり最悪の場合だと死んでしまいます。

 

汗をかくのは仕方ないけど

 せめて顔からの汗はどうにかしたい。

 

女性にとって顔から出てくる汗は大敵!せっかく時間をかけてセットしたメイクも汗のせいで台無しになんてこと多々ありますよね。

そこでそんな悩みの解決策!

汗をかく部位をコントロールできる方法をを紹介します。

 

『舞妓式 汗のコントロール』

舞妓さんといえば白塗りの美しい肌、赤いアイシャドウ、真っ赤な唇がとても魅力的です。ですがそんな舞妓さんも真夏の暑い日でも仕事とならばメイクをしてお客様の元へ行かなくてはなりません。舞妓さんも同じ人間ですので汗をかいていないわけではありません。
なら舞妓さんたちは何処で汗をかいているのでしょうか。

 

それは下半身のみで汗をかいて、上半身からは汗をかかないようにしているのです。このような現象を、

 

『半側発汗』 (はんそくはっかん)と言います。

 

半側発汗とは、

半側発汗(はんそくはっかん、英: hemihidrotic reflex)とは、反射の一種で、一側の側胸部や側臀部を圧迫すると、圧迫側で発汗が抑制され、その反対側の発汗が増える皮膚圧発汗反射の現象[1]。

日常レベルでの応用として、帯を胸の高い位置で結ぶことで顔からの発汗を抑制する方法(「芸者の高帯」)が古くより知られているが、実証はされていない。

 

『半側発汗』とはどんなものなのか?

簡単に説明しますと身体の半分だけを圧迫すると圧迫していない方からしか汗をかかない。というものです。
この方法は医学的にも証明されており、具体的にいうと『皮膚圧反射』という方法になります。
この特徴といたしまして身体の一部を圧迫することにより圧迫されている側の汗が減り、逆側の汗が増えるという現象かおきます。

 

この方法で汗をコントロールするには

顔からの汗をかきたくない人はアンダーバスト(胸の下の位置)辺りを紐のような物で強く締めて圧迫することにより顔からの汗を抑えて下半身から汗をかくことが出来ます。
舞妓さんが汗を顔からかかない理由は帯をキツく締めているからだと言われています。

 

まとめ

汗をコントロールして顔から出さないようにする事は昼間のメイク崩れを抑えることが出来て良いですよね。でも、汗の働きにはその日の日中に溜まった毛穴汚れや肌のターンオーバーの促進、黒ずみ、メラミン等の排出してくれる女性には嬉しい働きをしてくれます。

 

ですので顔から汗かかなかったなぁと思う日は半身浴をして顔から汗をかくことをオススメします。
内側から汗をかいて肌が綺麗になることにより、化粧水の入り方も変わってきますので決して汗をかくことが悪いわけではないのでうまく付き合っていくことが大切なのです。

 

半信半疑ではなく、、、
汗止まる!不思議な塗り物

更新履歴
  • (2020/06/20)index4を更新しました
  • (2020/06/20)index3を更新しました
  • (2020/06/20)index2を更新しました
  • (2020/06/20)index1を更新しました
  • (2020/06/20)indexを更新しました